読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柄にもないかもしれないが

結構まじめに世界平和を祈っていたりする。
私には特に世の中のために役に立つ能力を持っているわけではなくて
今まで、音楽も自分の内面の発散でしかなかったんだけれども
「知識、情熱、愛情などが、他者を助けたり他者の力になる音楽を目指せ」と
ある人に言われてから、ずっとそれがどういうことなのか
私にそれが出来るのかとずっと考えている。

 例えば「癒やし」系の音楽。
私は「癒やし系」という言葉があまり好きではない。
…そもそも、誰かを癒やすだなんておこがましくね?と思っている。
それが自分への自信の無さかもしれないけれど、
癒やしとは、自分自身でしか成し得ないと思っている。
私は、できるとするならばその手助けにしかならないのではないだろうか。

「良い音楽とは?」という問いかけを、自分自身に何年も何年もし続け
色んなヒーリングメソッドなども通ってきたし、勉強会やらセミナーやら行ったけど
「癒やしたい」のではなく、誰かが「自らを癒やす手助け」をしたい。
私が出来るのはそれ以下でもそれ以上でもないよ。

そんな風に考えているのは向上心がないと言われるだろうか。