読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外への憧れ

diary

昨年半年ほど、欧州で生活していました。

それはそれは私の人生において、一番穏やかな毎日だったわけですが

やや田舎にいたため、音楽ができる場所というのがなかなかなかったということ…。

街の小さな楽器屋の倉庫みたいなところを借りて

毎週末練習していました。

なので、次に海外に行くときは自分の音楽が自分一人で成立でき

なおかつ、その地の人と音楽を一緒にやることが目標。

 

それには色々課題はあるものの、一番は「自分の音楽って?」というところ。

私の音楽ってなんだろう、私ってなんだろう…と考え始めると

音楽とは人間、生き様なんだなと思う。

この間、音楽教室の体験レッスンに行ってきたんだけれども

メソッド自体には大変興味もあるし、腑に落ちるんだが

なんせなんか先生が気持ち悪いということがあり、どうしたもんだか…と思ってる。多分行かないけど。

でもそれもただただ感覚というだけでなくて(感覚という部分はかなり大きいけれど)

ちゃんと理由も自分の中でわかっているもの。

残念で仕方ないが…。

 

ひとまずは常に「海外に行ったら」「海外に行ったら」という理想を追いかけるようにしている。

それが良いか悪いかはわかんないけどw

柄にもないかもしれないが

結構まじめに世界平和を祈っていたりする。
私には特に世の中のために役に立つ能力を持っているわけではなくて
今まで、音楽も自分の内面の発散でしかなかったんだけれども
「知識、情熱、愛情などが、他者を助けたり他者の力になる音楽を目指せ」と
ある人に言われてから、ずっとそれがどういうことなのか
私にそれが出来るのかとずっと考えている。

 例えば「癒やし」系の音楽。
私は「癒やし系」という言葉があまり好きではない。
…そもそも、誰かを癒やすだなんておこがましくね?と思っている。
それが自分への自信の無さかもしれないけれど、
癒やしとは、自分自身でしか成し得ないと思っている。
私は、できるとするならばその手助けにしかならないのではないだろうか。

「良い音楽とは?」という問いかけを、自分自身に何年も何年もし続け
色んなヒーリングメソッドなども通ってきたし、勉強会やらセミナーやら行ったけど
「癒やしたい」のではなく、誰かが「自らを癒やす手助け」をしたい。
私が出来るのはそれ以下でもそれ以上でもないよ。

そんな風に考えているのは向上心がないと言われるだろうか。

いきなり書いてみる

テスト投稿も兼ねて。

はてなブログって初めてで使い方いまいちよくわかってない。

ひとまず、音楽やったり、世界平和を祈ったりしてる人間です。

どうぞ、よしなに。